B727

 

・B727
B737
B747
B767
B777
B787
L-1011
A320・321
DHC8-Q300、400
DC-3
VICOUNT828
CV440,F27,F50
MRJ

ANA ユニフォーム コレクションⅠ.Ⅱ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 B727

ボーイングが707/720に続く旅客機として開発した、中短距離機で3発のエンジンを搭載していた。
国内では全日本空輸が同社のジェット機第1号として採用した。
全日空と日本航空はスピード競争が激化し、時の運輸省は1963年に国内使用旅客機の統一化の行政指導を行った。
そのために、両社はB-727を導入する共同発表を1964年1月に行った。      
全日空は1964年、日本航空は1965年、日本国内航空は1966年に導入した。
就航した全日空のB727は、先行してコンベア880でジェット化していた日本航空を猛追随することになる。
吉永 小百合、橋 幸雄のデュエットで「そこは青い空だった」というイメージソングも作られている。
ストレッチ型のB727-200型は1969年10月1日から投入された。
1990年まで全日空は100型と200型をのべ46機導入したが2機は事故で失われた。


ANAのお勧めサイト

ANA ホームページ

JAL&ANA B-727 Takeoff


B727-100  JA8301 全日空初のジェット旅客機B727 の一番機 白旧塗装 昭和40年
B727-100 全日空
B727-100 JA8301
全日空商事 1/400 NH40043 一般流通1000機限定品

B727-100  JA8305 昭和45年 モヒカンルック
ANA B727-100 JA8035

全日空商事 1/400 NH4044 一般流通1000機限定品 発売直後に売切れです。

B727-200 JA8355 この機体は平成2年4月25日にANAの727として山形-東京間でのラストフライトをした機体。

全日空商事  1/500 NH50015 絶版

B727-100 JA8301
ANA B727
ANA B727-100
JET-X 1/200  商標権のために国内販売店未発売品   詳細画像は1/200のコンテンツをご覧ください。

B727-100 JA8321
JA8321
JET-X 1/200  商標権のために国内販売店未発売品

B727-200  JA8735 おめでとう飛行時間25000時間達成マーク
B727-200 JA8350


JET-X 1/200  商標権のために国内販売店未発売品   詳細画像は1/200のコンテンツをご覧ください。

B727-200 EXPO'90  JA8355

JET-X 1/200 商標権のために国内未発売品  詳細画像は1/200のコンテンツをご覧ください。
  

全長46.68m、全幅32.92m、全高10.52m、最大離陸重量78,200kg、航続距離2,170km、エンジンJT8D-9×3基、巡航マッハ0.8
                                




ANAグループのエアライン