B727
B737
B747
B767
B777
B787
L-1011
A320・321
DHC8-Q400

・DC-3
VICOUNT828
CV440,F27,F50
MRJ

ANA ユニフォーム コレクションⅠ.Ⅱ

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 ANA DC-3

N493
DC-3 ANA

全日本空輸 DC-3
JC WINGS DC-3A-343B 1/200(国内販売店未発売品)


DC-3の初飛行は1935年で、第2次大戦中は軍用機しても運用され2万機以上は生産されたダグラス社の傑作機である。
1955年、日ペリ航空は東京-名古屋-大阪線、東京-三沢-札幌線に2機を機材チャーターにて就航させた。(当時1機約5,400万円)
DC-3はそれまで最大座席数を有していたデハビラント・ヘロン114型(4発14人乗り)の2倍以上の31人の定員に加え、整備効率の点からもヘロンより優れていた。
乗客が31人に増加したためにサービスアップ、運航乗務員と客室間の連絡、保安の充実のために初のスチュワーデス(CA)を採用した。
第一期の採用試験は1955年9月21日に港区芝田村町の飛行館本社で行われ、採用予定5-6人に対して、1,000人が詰めかけた。
1956年には、DC-3により日ペリの飛行機収入は前年度の230パーセントを記録している。

JA5072


全日空DC-3
JC WINGS DC-3A-343B 1/200(国内販売店未発売品)

ちなみに1955年に全日空の創業の日ペリが導入時の価格は14,800ドルでした。

ANAグループのエアライン