ANA L-1011

 

B727
B737
B747
B767
B777
B787
・L-1011
A320・321
DHC8-Q400
DC-3
VICOUNT828
CV440,F27,F50
MRJ

 

ANA ユニフォーム コレクションⅠ.Ⅱ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 ANA L-1011 トライスター

全日空が初めて導入したエアバス。72年4月15日ににFAAの型式証明を取得。ANAは74年3月に国内就航をさせ、最大21機を保有していました。
大量輸送時代を迎えて導入された、「3つ星」という名前のついた大型の3発ジェット機です。
全日空初の国際定期路線東京グアム線は、ロッキード社のトライスターで運航されました。
JALはDC-10を採用。DC-10の後方エンジンは垂直尾翼に装着されていますが、トライスターは後尾に装着されS字の空気取入口が付いています。大型旅客機として油圧のみで作動するオールフライングテールを装備。
トライスターがロッキード社の最後の旅客機となってしまいました。
就航に併せ、スチュワーデスの制服デザインが変更されて「トライスター・ルック」と呼ばれました。
この頃、TVのCMでは「ラッラッラッ!トライスター、あなた会うため私は生れた...!」というコマーシャルソングが流れていました。
現役のANAの広報さんはご存知でしょうか?♪
FM TOKYO のJALの城達也のジェットストリームと人気を二分していたよき時代でした。懐かしき青春の1ページでした。
国内幹線でのライバルは日本航空のB747SRで大量輸送時代開きましたが、ANAのトライスターは1995年11月30日に全機退役しました。
田中角栄元総理大臣のロッキード汚職事件も懐かしい記憶にございます。

ANA Fleet History               ・TV CM                          

ロッキード L-1011 トライスター         ・ロッキード事件



L-1011 トライスター JA8514 旧塗装機 1975年6月30日登録 1993年3月29日抹消 アメリカに売却後、翌年解体


JET-X製 1/400  国内未発売品


L-1011 トライスター JA8515 旧塗装機 1975年7月7日-1993年3月29日


BLUE BOX 1/400 国内未発売品

L-1011 JA8509 国際線仕様機
JA8509
BBX製  1/200

L-1011 385-1 TriStar トライスター  JA8509
ANA L-1011
L-1110 ANA

Blue Box 1/400 国内未発売品


L-1011 Inter-Flight Virsion  JA8509
日本の空での最終フライト機。
1995.11.30、ANAのトライスターは鹿児島-羽田のNH626便を最後に日本の空から 姿を消しました

全日空商事オフィシャルモデル 1/500



全日空トライスター引退記念 ベルトバックル非売品 タイピンと同様のケースに入っています。
吉日は11月30日です。

 ・ANA トライスター紙飛行機の作り方

ANAグループのエアライン