ANA

 

B727
B737
B747
B767
B777
B787
L-1011
A320・321
DHC8-Q300,400
DC-3
VICOUNT828
・CV440,F27,F50
MRJ

 

ANA ユニフォーム コレクションⅠ.Ⅱ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 ANA CV440,F-27フレンドシップ、F-50


      


CV440 メトロポリタン 1959-1964   
日本では全日空がバイカウント、F27フレンドのジェットプロップ機を導入するまでの間のつなぎとして2機のみ運用した。
52席で与圧キャビン付きの快適な機体だった。東京-大阪の直行便を可能にした。     

JC WINGS 1/400


CV440とYS-11を並べると、YS-11が一回り長い。




F-27-200 Friendship 1961-1973

日本航空で国内幹線に、まだレシプロ機を運航していた頃、全日空はいち早くターボプロップであるF-27フレンドシップでビームラインを構築した。ちなみにエンジンはロールスロイスの「ダート」エンジンを搭載した。
高翼式のために視界が良く、与圧キャビンで快適な飛行ができた。
全日空は、DC-3の後続機として、藤田航空から加わった2機を含め12年間でフレンドシップを25機保有した。
44席を備え時速490km/hと高速だった。
全日空のフリートの中では重大事故を一度も起さなかった名機であった。高翼式で視界の良さにも乗客から好評であった。
当時世界一のフレンドシップ保有会社となり、幹線からローカル線まで就航させた。フレンドシップは768機が生産されている。

導入時旧塗装


エフトイズ 1/300

モヒカンブルー塗装

エフトイズ 1/300
全幅29.01m 全長23.52m 全高8.38m 座席数40~44席 最大離陸重量17,860㎏ 巡航速度490km/h 航続距離2,410km






Fokker 50 (正式登録名称:フォッカー式F27マーク050型機)エアーセントラルが運航しました。

全日空商事  1/500  絶版

NAL ANA CONNECTION

JC WINGS 1/400 

さよならフォッカー50
JA01NV 2009年1月31日(土) 全日空1802便 (仙台空港13:15 発 中部空港15:00 着)にてラストフライトを終えた。


さよならフォッカー50のスペシャルマーキング

JC WINGS 1/400

JA8200
ANA F-50
JC WINGS 1/400




ANAグループのエアライン