JAL 日本航空

・DC-4
DC-6B
DC-7
DC-8
CV880
DC-10
MD-11
MD-87
MD-90

B727
B737
B747
B767
B777
B787

DHC-8-Q400
CRJ-200
EMBRAER 170
SAAB340B

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本航空  DC-4


                                   

 JAL DC-4のお勧めサイト

 

 ・DC-4-Wikipedia         ・YouTube

モデルは独ヘルパ社1/500 JAL 永遠の翼シリーズ(第6弾)の DC-4です。
自主運行開始前から使用され、”高千穂号”や”十勝号”でおなじみのDC-4。JAL黎明期である1950年代の国内線の主力機として11機が活躍しました。今回の復刻版はJA6007 ”穂高号”(1952/12/26-1964/07/25就役)をモデルにしています。


JAL DC-4

JALは1952年から1958年にかけてDC-4を11機保有したがDC-4はすべて中古機でした。
2機が事故で失われ、9機が外国に売却されました。
DC-4は1951年から1963年にかけての黎明期に約7年間運航され、JAL、日本航空の基礎を作った機材となりました。

 

JALグループのエアライン

日本航空(持株会社)