JAL 日本航空

DC-4
DC-6B
DC-7
DC-8
CV880
DC-10
MD-11
MD-87
・MD-90

B727
B737
B747
B767
B777
B787

DHC-Q300,400
CRJ-200
EMBRAER 170
SAAB340B

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 JAL MD-90

マクダネルダグラス社がMD80のコンポーネントを流用して胴体を主翼前方に1.45m延長し、エンジンはIAE V2500に換装して1989年11月14日にローンチした機体。ボーイングに吸収併合後、1999年に受注中止をアナウンスされた。生産機数114機
                                    
JAL MD-11についてのサイト

JAL 飛行機コレクション

Wikipedia MD-90         ・MD-90画像        ・YouTube       ・さよならMD90

MD-90
仙台空港にて


1996年1月に日本エアシステム(JAS)が日本航空に統合される前に導入、JASが黒沢監督の[虹]のデザインで日本の空にデビューした。
DC-9の血統を受け継いだマクダネル ダグラス社最後の短距離旅客機。
JAL統合後も合計16機が運用され、今日もJALのローカル路線を中心に飛んでいる。
MD-90は1999年に生産を終え、ボーイングB717(MD-95)に受け継がれたがB717も2006年に生産終了となり双発リヤジェット旅客機の時代は終わってしまった。
最後尾のエンジン側が指定席で搭乗したことがありますが、エンジン付近の席は結構騒音が大きく感じられます。

JAL MD-90
JAL MD-90
JALUX企画販売 ヘルパ製 1/500  506175


        JAL MD-90


MD-90 JA005D
JAL MD90

JALUX企画販売 1/150 エバーライズ製




全長46.5m,全幅32.9m、全高9.4m、最大離陸重量70.8t、最大着陸重量62.1t、巡航速度815km/h、航続距離2330km、
エンジンV2525-D5、推力11,339kg×2、標準座席数166

日本航空(持株会社)