JAS
日本エアシステム

B727
MD-87
・MD90
DC-10
B777
A300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 JAS MD-90-30


                                 

  
 

JASは前身のTDA時代にDC-9の運航をしていた。
DC-9-41,DC-9-81の後継として導入されたのが、MD-90-30であり、MD-90の世界屈指のオペレーターであった。
MD-90の1号機は1993年2月に初飛行、MD-81に比較してデジタル化された最新システムが搭載されていました。
JASはMD90の機体に7色のレインボーカラーをデザインしました。
このデザインは映画監督、故黒澤明氏が、「7人の侍」として活躍して欲しいとの思いを込めて、斬新な7パターンが用意されました。
1998年には7パターンが全て2機体制となりました。2巡目以降は「影武者」とも呼ばれました。
導入機数は16機。ジェット機の音に空を見上げた時に、ご覧になった方も多いと思います。
私も山形空港にアプローチするMD90を見上げて楽しんでおりました。

♪キャッチフレーズは
  高い信頼性と快適性を誇る新鋭機・MD-90
   虹をまとって、日本の空へ飛び立ちます。


写真のMD-90 レインボーカラーは全てJASオフィシャルモデル 1/500 です。(絶版品)

MD-90-30 JA8064 1号機  


MD-90-30 JA8065 2号機 


MD-90-30 JA8063 3号機 


MD-90-30 JA8062 4号機 


MD-90-30 JA8066 5号機 


MD-90-30 JA8069 6号機 


MD-90-30 JA8070 7号機 




MD-90-30 JA8064
JA8064
JA8064
JET-X 1/200  JALの商標権により国内未発売品


MD-90  JA005D JALロゴ塗装機

JA005D
JET-X 1/200  JALの商標権により国内未発売品


MD-90 箸置き 発売元 JASトレーディング  製作 たち吉



エバーライズ 1/150 シリーズ 樹脂製



JALグループのエアライン

日本航空(持株会社)