"> RAC 琉球エアーコミューター DHC-8-100 DHC-8300

RAC

 

 

 

・DHC-8-100

・DHC-8-300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RAC 琉球コミューター 琉球エアーコミューター


                                  

  ・RAC 琉球エアーコミューター公式サイト       ・YouTube

RAC 琉球エアーコミューターは、地元の地方自治体や地元関連企業等の共同出資により、1985年12月24日に設立されました。
南の空の、ちゅらしまのエアラインです。
1986年に不定期航空運送事業免許を取得し、翌1987年2月17日に那覇-慶良間線においてBN-2Bアイランダーにて運航開始、1989年12月には那覇-粟国線にも就航。1997年1月に国内初のDHC-8-100を導入運航中。
JALグループの構成企業。

 



・ DHC-8-100 (モデルはRACオフィシャルモデル サイズ1/200 ダイキャスト製)発売元 JTA商事

 水色の尾翼に描かれたシーサー琉球のイメージを伝えてくれる。デザインはエッセイトでもある和田誠氏。
南国の強い日差しの中、青い海に囲まれた島々を巡るRACのイメージが良く出ているカラーリングです。JALのアークカラーより素敵だと思います。
全長22.3m、全幅25.9m、全高7.5m、エンジン推力2000HP×2、標準座席数39、巡航速度465km/h、最大離陸重量15,649kg、
航続距離1,889km

 

DHC-8-300

・ DHC-8-300 JA8936 (モデルはRACオフィシャルモデル サイズ1/200 ダイキャスト製)発売元 JTA商事 

 2007年2月に導入された琉球エアーコミューターの新鋭機でDHC-8-103より3.4m長い50人載りの機体です。
 那覇ベースで運航され、JALのアークカラー塗装でデビューしました。

 全長25.7m、全幅27.4m、全高7.5m、エンジン推力2500HP×2、標準座席数50、巡航速度520km/h、最大離陸重量19000kg、
 航続距離1547km 

 

 

JALグループのエアライン