山形県警察 がっさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山形県消防防災ヘリコプター もがみ   

  
山形県消防防災ヘリコプター もがみ  3.11東日本大震災時の補給前線拠点の山形空港  もっと知ろう「もがみ」 救助訓練

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


1998年から運用を始めた。 使用機体はアエロスパシアルAS 365N2型。 運用ヘリコプターの名前は「もがみ」。山形県を流れる最上川から名付けられた。消防防災ヘリコプターの運用は民間会社に委託して行われているが、パイロットや整備要員以外の隊員は、県内の消防本部から選抜されて派遣される。基本的に運用範囲は山形県内のみだが、近隣県からの要請があれば向かうことができる。山形県消防防災航空隊が発足される以前は、主な業務を山形県警察ヘリ「がっさん」や陸上自衛隊第6師団第6飛行隊などに委託していた(いずれも山形空港内に所在)。
出動先としては、山菜シーズンや冬季に多く発生する山岳遭難がほとんどを占め、その他、絶海の孤島である飛島における急患の緊急搬送山火事への対応、不法投棄された産業廃棄物の調査などを行っている。「もがみ」は、山形全県を20分でカバーすることができる

山形県警察ヘリコプター がっさん