STARFLYER

 

 

A320-200

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

STARFLYER スターフライヤー航空

   

  ・Star Flyer 公式サイト        ・YouTube

日本で一番新しいエアライン。
スターフライヤーはライト兄弟がフライヤー号で初飛行してから100周年にあたる、2002年12月17日に設立。
スターフライヤーの名前は、この航空史にもちなんでいる。
機材のエクステリア、インテリアは黒を基調として、「21世紀のモダン」をテーマに精悍な気品と存在感のある機体。
スターフライヤーは空港受付カウンターやオリジナルグッズもすべて黒に統一しています。
STARFLYERのA320は標準で170席を、144席仕様に減じて運航するため、シートにゆとりができています。
エアバスA320はフライバイワイヤを採用た最新機。
シートは全席黒の本革張りで可動式ヘッドレストやフットレスト、電子機器用電源コンセントと個人型液晶モニター装備。
本社は福岡県北九州市に所在し羽田、関空、北九州便を運航中の新興エアライン。

 

CAのお仕事3

 

 

・ AIRBUS A320-214 Reg.No JA01M C(STARFLYERのオリジナルアイテム、価格6,300円 サイズ1/150 樹脂製 製造:エバーライズ)
  全長37.57m、全幅34.10m、全高11.76m、最大運航速度840km/h、航続距離5,500km
  模型サイズ:全長約25×翼長約23×高さ約15cm


  スナップキットですが、エアライン公認のために仕上がりは群を抜いています。
  写真のように、尾翼の右と左が塗り分けられています。

 

 

 

 


CAのお仕事1/3 CAのお仕事2