1/200スケール


 

スナップキット組立

コンベアー
ドルニエ
ATR
BAE
L-188
B707
B727
B737
B747
B757
B767
B777

DC-4
DC-8
DC-9
DC-10
MD-80,90

L-1101
A319
A320
A321
A330
A340
DHC-8
Tu-134
Tu-154M

・ERJ-145
Fokker100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1/200  EMBRAER ERJ-145


ERJ-145  ・エンブラエル    ・YouTube     ・ERJ-145画像    ・緒元

ブラジルが独自開発したリージョナル ジェットで1989年に開発をはじめ、97年に就航した。胴体はEMB-120ブラジリア双発ターボプロップ機を流用して主翼はスーパークリティカル翼で各種の派生型がある。
エンジンは主翼上面に搭載する予定だったが胴体後部に設置した。キャビンは3列の50人で最新の航空電子装置でパイロットは2人である。
EMB-145は型式証明を1993年に取得する予定だったが94年の民営化に伴い財政難にて最終的にはスペイン、チリ、ベルギーなどの国際共同開発となった。95年夏に初飛行し、96年12月に型式証明を取得、ショートボディのERJ-135を1997年から開発開始し98年初飛行後、99年夏に型式証明を取得している。2000年7月のファーンボーロ航空ショーで長距離型のERJ-145を発表する。ローンチカスタマーはコンチネンタルエキスプレスで104機を発注し、ERJ-140は2001年6月29日に初飛行、2002年9月に型式証明取得、2004年末で軍用型を含み1000機以上を受注している。ERJ-145の初飛行は1995年8月11日。


ERJ-145LR GRAND CHINA EXPRESS AIR B-3035



AVIATION 200 1/200  AV2145002

{ERJ-145} 全幅20.04m 全長29.87m 全高6.75m 運行自重20,600㎏  航続距離2,460km(最大ペイロード)
離陸滑走距離1,720m, 乗員2名 乗客50名