1/200スケール


 

スナップキット組立

コンベアー
ドルニエ
ATR
BAE
L-188
B707
B727
B737
B747
B757
B767
B777

DC-4
DC-8
DC-9
DC-10
MD-80,90

・L-1101
A319
A320
A321
A330
A340

DHC-8
Tu-134
Tu-154

ERJ-145
Fokker100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1/200  L-1011 トライスター


L-1011        ・YouTube L-1011

1966年3月にアメリカン航空が提出した国内線大型機仕様で開発が始まっワイドボディ機。当初は双発機の計画であったが、大陸横断の航続距離をTWA他の大手エアラインが要求したために一発停止のエンジン推力や洋上飛行から3発機となった。
当初、エンジンはP&Aのエンジンが予定されていたが、欧州市場をと燃費からロールスロイス社製となる。この案に対して1968年3月にイースタン航空が50機、アメリカン航空が、英国のキャピタルが50機を発注し、トライスター製造にゴーアヘッドが出た。
ロールスロイスがRB211エンジンの開発に時間がかかり、また1970年のロールスロイス社の倒産と国営企業としての再建の影響を受けてトライスターの生産はDC-10に遅れてしまった。1970年11月の初飛行、1972年4月15日の型式証明取得、5月15日にイースタン航空で初就航した。日本では全日空が21機を導入した。中距離機として性能、評判は良かったのだが販売数に結びつかずに1981年12月17日に生産終了になっています。生産機数は200機。

ANA JA8509
JA8509JA8509
JA8509
JA8509JA8509
BBX 1/200 商標により国内未発売

L-1011-385-3 TRISTER 500 LTU D-AERT



JC-WINGS 1/200

BEA / Eastern N305EA
L-1011


インフライト200 IF011001 330機製造 December 2007

ATA - 'Big Ed' N197AT Although this is noumal colours of the new American Trans Air livery.



インフライト200 IF011007 240機製造 October 2008

Courtline - Yellow Colors G-BAAA



インフライト200 IF011002 252機製造  May 2008

Courtline -  Pink Colors G-BAAB


インフライト200 IF011003 製造330機 March 2008


Hawaiian Air  N765BE



インフライト200 IF11020 製造240機


Hawaiian Air EI-BTN


インフライト200 IF11021 製造120機