1/200スケール


 

スナップキット組立

コンベアー
ドルニエ
ATR
BAE
L-188
B707
B727
B737
B747
B757
B767
B777

DC-8
DC-9
DC-10
MD-80,90

L-1101
A319
A320
A321
A330
A340
DHC-8
Tu-134
・Tu-154M

ERJ-145

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1/200  TUPOLEV Tu-154 (CARELESS/ケアレス)


Tu-154  ・魅惑のロシア旧ソ連機     ・YouTube     ・Tu-154画像    ・ポーランド空軍Tu-154墜落事故

ロシア ツポレフ設計局の製造
初飛行は1968年10月4日でソ連国内幹線、中距離国際線用として1963年から開発された中距離用の3発ターボファン・ジェット旅客機。
B727と比較すると悪条件の空港を想定して、エンジン推力と翼面積が30パーセントアップし、主脚も6輪装備している。
1971年5月から、郵便貨物輸送に運行され、8月からはモスクワ-プラハ間の国際線に投入された。
剰員は3名で航空電子装置は自動飛行制御システムABSU-154を搭載、ICAOカテゴリⅡでの運行ができる。
エンジンはD-30KU-154-Ⅱを3基装備し、スラストリバーサー機構は側面のエンジン2基のみに搭載されている。
Tu-154Mは2000年まで生産が行われ、アエロフロートをはじめ、政府VIP用、空軍でも使用され、Tu-154シリーズの総生産機は1000機を超えた。機体外観はB727と酷似しているが高高度高速巡航性離陸性能を重視した設計になっており約席数は少ない。

高麗航空 AIR KORYO 北朝鮮
高麗航空 AIR KORYO P-156
高麗航空 AIR KORYO P-156
高麗航空 AIR KORYO P-156
フェニックス 1/200


キューバ航空   cubana Tu-154M  CU-T1275
cubuna Tu-154M


AVIATION 200

アエロフロート航空 Tu-154M RA85663
アエロフロート航空 Tu-154M RA85663
アエロフロート航空 Tu-154M RA85663アエロフロート航空 Tu-154M RA85663
アエロフロート航空 Tu-154M RA85663アエロフロート航空 Tu-154M RA85663
アエロフロート航空 Tu-154M RA85663
AVIATION 200 1/200

{Tu-154M} 全幅37.55m 全長47.92m 全高11.4m 運行自重55,300㎏ 運用限界マッハ0.90 航続距離3,700km(最大ペイロード)
離陸滑走距離25,00m,乗員3名 乗客166~180名