日本陸海軍機大百科


零戦 二一型
疾風 甲型
雷電 二一型
九七式艦攻 一二型
飛燕 一型 甲
紫電改
九七式戦
隼 一型
九九式双軽爆一型
彗星 一型
零戦二一型(2)
一〇〇式司偵察
二式戦闘機 鐘馗
・雷電二一型(2)
九六式艦上戦闘機
九七式艦上攻撃機


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

--> --> -->
 

局地戦闘機 雷電 二一型 [J2M3] 1/87 海軍


局地戦闘機 雷電                   ・YOUTUBE         

三菱が開発した日本海軍初の局地戦闘機でB-29の防空要撃を期待された 。
B-29の高空性能に対応するため、排気タービン過給機の導入を最優先させたが、高温排気にに耐えうる材料が技術的に難しく信頼にかけた。
その後、改良を重ねたがエンジンとプロペラとの異常振動やその他の問題で、実践力の機体に応えられず、600機の生産で終了した。

局地戦闘機 雷電 二一型 [J2M3] 1/87
局地戦闘機 雷電 二一型 [J2M3] 1/87
局地戦闘機 雷電 二一型 [J2M3] 1/87
局地戦闘機 雷電 二一型 [J2M3] 1/87局地戦闘機 雷電 二一型 [J2M3] 1/87
モデルは神奈川県厚木基地 第三〇二航空隊所属機

全長9.695m、全幅10.8m、全高3.945m、自重2,535kg、エンジン 火星 二三甲型、最高速度611km/h、
航続距離1,055km、武装 20㎜機銃4挺、、爆装 30kgまたは60kg 爆弾2発