日本陸海軍機大百科


零戦 二一型
疾風 甲型
雷電 二一型
九七式艦攻 一二型
飛燕 一型 甲
紫電改
・九七式戦
隼 一型
九九式双軽爆一型
彗星 一型
零戦二一型(2)
一〇〇式司偵察
二式戦闘機 鐘馗
雷電二一型(2)
九六式艦上戦闘機
九七式艦上攻撃機


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九七式戦闘機 [キ27] 1/87 陸軍


九七式戦闘機              ・YouTube

陸軍初の全金属性低翼単葉戦闘機として開発され、優れた旋回能力、優秀な運動性をノモンハン事件で発揮する。
太平洋戦争初期まで陸軍の主力戦闘機を担った。 中島飛行機が製造し1937年に制式採用される。
九七式戦闘機
九七式戦闘機
九七式戦闘機
九七式戦闘機

モデルはノモハン事変で活躍した飛行第十一戦隊第一中隊長尉 島田健二搭乗機

全長7.53m、全幅11.31m、全高3.28m、自重1,110kg、エンジン 九七式650馬力(八一乙)空冷星型9気筒、最高速度468km/h、
航続距離627km、武装 八九式7.7㎜固定機関銃×2