ValuJet



・DC-9












 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

ValuJet  バリュージェット

1933年にアトランタベースで設立されたエアライン。
1995年に搭載して酸素発生装置の火災が原因でDC-9がフロリダの沼地に墜落事故を起こす。
会社の安全性を問われて運航継続が難しくなったバリュージェットはエア・トランと合併しジェットバリューの名を捨て生き残る。
機体のカラーもエアトランのものになる。エアトランが運行していたB737はフリートから外れてバリュージェットが発注していたB717が主力機材となっている。



バリュージェット航空592便墜落事故             ・YouTube


DC-9-32
バリュージェット DC-9
 1/400