"> ライトフライヤー号 Wright Flyer

 


・ライトフライヤー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 ライトフライヤー号 Wright Flyer

Write Flyer   ・ライト フライヤー    ・Youtube

ライトフライヤー復元記

ライト フライヤー1は、1903年12月17日(明治36年) にアメリカのノースカロライナ州キティホークにてライト兄弟が人類初の、「エンジンを搭載した飛行機による有人飛行」を実現した歴史的機体です。
オハイオ州デイトンで自転車屋を経営していたライト兄弟、兄ウイルバー(36歳)と弟オーヴィル(32歳)は、1900年から動力飛行の実現を目指しグライダーの飛行実験を始め、手製の風洞を使って検討を重ねていました。このライトフライヤー1で1903年12月17日に初めての動力飛行に成功、この歴史的な実験成功の場に居合わせたのはたったの5人でした。オットー・リリエンタールが1896年に事故死してから7年後ことです。
初飛行はレールだけで離陸し、滞空時間約12秒、飛行距離37mを、4回目の弟ウイルバーの飛行で滞空時間約59秒、飛行距離260mの飛行に成功した。
ライトフライヤー1のスタイルは複葉、先尾翼式で、兄弟が設計した4気筒12馬力のガソリンピストンエンジンを搭載し、自転車のチェーンで左右2つのプラペラを回転させました。パイロットは腹ばいになり、左手で昇降舵を操作し、腰の位置を変えることにより方向舵と翼をコントロールした。フライヤー1号機は、4回の飛行の後に突風により横転し破損しています。
アメリカで主翼ねじり方式が特許としてライト兄弟に与えられたために、アメリカで飛行機は育たず、第1次世界大戦が終わるまで航空二流国となってしまった。
私は以前に訪米した時にワシントンD.C.のスミソニアン航空宇宙博物館で天井から吊り下げられている機体を見たことがあります。
感動というよりも、大きな木製の模型飛行機のイメージがありました。

製造:ライト兄弟(アメリカ)
乗員1名、翼幅12.3m、全長6.4m、全高2.8m、重量274kg
スタイル:複葉、先尾翼式    エンジン:ライト兄弟の製作の4気筒12馬力のガソリンエンジン
初飛行:1903年12月17日 :この日は「飛行機の日」ともいいます。

Wingspan: 12.3 m (40 ft 4 in)
Length: 6.4 m (21 ft)
Height: 2.8 m (9 ft 3 in)
Weight, empty: 274 kg (605 lb)
Engine: Gasoline, 12 hp
Manufacturer: Wilbur and Orville Wright, Dayton, Ohio, 1903


複葉推進式で前方に昇降舵、後方に方向舵を設けた。



前部離陸滑走用ローラー              後部離陸滑走用ローラー



エンジンの回転をチェーンでプロペラに伝動。写真のようにプロペラは2つですがエンジンは1基搭載のみです。


ライトフライヤーの操縦席


モデルはコーギー製 1/32スケール 4,000機限定生産品