ボーイング

A300
・A310
A318
A319
A320
A330・A340
A350
A380

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AIRBUS   A310

A300の次に、1978年7月に開発が決定した2マンクルーの200席クラスのハイテク旅客機。
6個のCRTディスプレイを装備し最新のデジタル技術駆使し、機体には複合材料を用いて軽量化をはかっている。
100型は受注がなく、200型(標準2クラス210席、最大262席、航続距離3,700km)はスイス航空とルフトハンザをローンチカスタマとして1978年7月から開発、1982年4月に初飛行している。
300型は航続距離7,600kmの長距離型でA310は合計260機生産された。

A310-300:全長46.66m、全幅43.9m、全高15.8m、最大離陸重量164,000kg、運用限界マッハ数0.82、航続距離7,685km、乗客266名、離陸滑走距離2,362m、着陸滑走距離1,555m、乗員2名


エアバス社

A310        ・YouTube


A310-300
エアバスA310
AIRBUS A310
ドラゴン 1/400