ボーイング

B377
B367
B707
B720
B727
・B737
B747
B757
B767
B777
B787

DC-8
DC-9
DC-10
MD-11
MD-80


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 B737

ボーイングの短距離用ジェット旅客機として開発される。ボーイングで最も売れている機体。
B737は初期型の100,200型、エンジンを変更して胴体延長などを行った300,400,500型。
そして現在も生産されている600,700,800,900型を総称して呼ぶB737NG(New Generation)となる。


B737           ・Boeing's New Plane
YouTube B737  

B737-200
B737が初飛行したのは1967年。実に40年以上前のことです。
小さな機体ながら騒音は大きかった。100は胴体が太く空気抵抗、経済性の面で30機のみが生産された。
200は100の機体を1.9m延長している。最終生産1988年8月。100,200の生産機数は1144機。
737-200 全長30.53m、全幅28.35m、全高11.28m、翼面積102㎡、運航重量27,445kg、エンジンP&G JT8D-17A(7,258kg×2)、
最大速度マッハ0.84、最大巡航速度856km/h 、最大航続距離4,180Km、乗客13名、離陸滑走距離1,615km、着陸滑走距離1,372m

B737-200 ボーイングカラー

Inflight200 1/200

B737-200 アメリカ空軍機

B737-200 USA
SMA 1/400


B737-300,400,500型
初飛行1984年。300型以降は細いエンジンを新型の太いエンジン(CMF56)に換装している。300は200の胴体を2.9m延長
そのためにエンジンが地面をすらないように、下部を削っている。コッピットはアナログ
300の胴体延長型が400(2.9m延長、乗客数149)、胴体短小型(乗客数108)が500となる。
2004年1月現在、300の受注数は1,113機、400は486機、500は389機。

B737-300 Frontier航空 The Sprite of West

ドラゴン 1/400

B737-400 アラスカ航空 ティンカーベル特別塗装

ジェミニ 1/400

B737-500 チェコ航空80周年記念塗装

ヘルパ 1/200



B737 NEXT GENERATION
B737-600,700,80,900 (110から177席)

B737-700


ドラゴン 1/400

B737-800 ハウスカラー

ドラゴン1/400

B737-900

ドラゴン 1/400