Boeing

ボーイング

B377
B367
B707
B717
B720
B727
B737
・B747
B757
B767
B777
B787

DC-8
DC-9
DC-10
MD-11
MD-80
・MD-90


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 B747ピンバッジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 B747



747の1号機の初飛行は1969年2月9日、型式証明は12月30日に交付。
B74が設計されていた60年代は、ボーイングの予想では超音速旅客機SST B2702が73年には就航する予定で、747はそれまでのつなぎとして計画されていました。
そのためにSST就航後は貨物機へ変更できるように設計されました。しかし、時代はSSTより747を選択しました 。
当初、ボーイングは「ジャンボ」の鈍重なイメージを嫌い「スパーエアバス」の名称にしようとした。
B747はクラシックジャンボと呼ばれた乗員3人乗りの100,200,300、SP旧型747と、空力特性改善とデジタル化により乗員2人体制の-400/8Fに分けられます。
日本のクラッシックジャンボは2009年7月にJALの747-300がラストフライトを終えて、日本の空から姿を消しました。
400を除くクラシックジャンボは1991年に724機をもって生産が終了しています。
現在はB777ERがESTOPの認可や双発の経済性、機体サイズなどから長距離の旅客機の需要が移ってきている。
A380に対抗して747-8を2005年11月に発表している。

ボーイング747         ・Boeing Malutimedia 747 Gallery         ・747-8
YouTube B747     


B747-100
First Commercial Flight  22 Jananry 1970 記念機

ドラゴン 1/400 絶版品 55459



B747-SR
飛行時間の割に数多い離発着回数の需要にに対応させた機体。足回りと主翼付け根を補強している。
世界でJAL,ANAのみが採用した。SRはショートレンジの略

Inflight500  1/500


B747-SP

ヘルパ



B747-400
旧ハウスカラー N747ER
B747-400

JET-X 1/400 250機限定生産品 機体製造シリアル番号0024



ドラゴン 1/400

B747LCF ドリームリフター B787のパーツを世界各国の供給工場から組立工場に輸送する機体。
セントレアにもよく飛来する。
B747LCF
ドラゴン 1/400

    ・ナショナルグラフィックチャネル エアフォースワン