ボーイング

B377
B367
B707
B717
B720
B727
B737
B747
B757
・B767
B777
B787

DC-8
DC-9
DC-10
MD-11
MD-80
・MD-90


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 B767

B767は計器システムをデジタル化しグラスコックピットを採用、構造材に複合素材を使用し、第4世代旅客機でハイテク機の先駆けである。
セミワイドボディを採用し、エコノミークラスでは2-3-2の席配置になり通路が2本になっている。767の正式名称は1978年に与えられた。
日本の航空産業も胴体、ドアを始め、15%の部材を担当している。
1981年9月26日初飛行、1982年9月に就航している。
このシリーズからER型(Extend Range)が開発され航続距離が伸びて海外路線にも就航している。
1997年にデルタ航空からの要求で300型のボディーを6.42m延長した400型が開発され、2000年8月から引渡されている。
現在は767-400ERのエンジンを換装して、航続距離を11,390kmにする767-400ERXの開発が行われている。
軍用としては、KC-767が開発されている。

B767 全長 全幅 全高 最大離陸重量 最大航続距離 標準座席数
200/200ER 48.5m 47.5m 15.8m 179.1t 12,200km 181
300/300ER 54.9m 47.6m 15.8m 186.8t 11,300km 269
400ER 61.4m 51.9m 16.8m 204.1t 10,400km 304

         

B767               ・Boeing 767 Family       ・YouTube B767
B767シュミレーター紹介      ・JAL航空機コレクション




B767-300  ロイヤル・ブルネイ

ドラゴン 1/400  55414


B767-400  デモカラー  400型は非常に長く777に迫ります。

ヘルパ 1/200


B767-400ER  ハウスカラー

ドラゴン 1/400