"> 世界の歴史的航空機未使用切手コレクション The Great Historic Aircraft of the World Mint Stamp Collection AIRSPEED AMBASSADOR

HAVARD/TEXAN
VICKERS VIMY
モザイスキー単葉機
ブルゲXIX・シュベールTR
ジャガー
WRIGHT FLYER
ドルニエDO X
デハビラント50
リリエンターエル グライダー
アブロ ヨーク
DH66 ハーキュリーズ
ドルニエ DO 18
ブリストル フレイター170
ロッキードロードスター18-08
サントス デュモン 14ビス
グラマン アベンジャー
ウェストランド ビィジョン
ホーカー シドレー HS 748
ソッピーズF.1キャメル
D.H.114ヘロン
コンソリデーテッド コモドアー
シー アリアー
・エアスピード アンバサダー
ビーチクラフト スパーキング エア
カーチス P40キティホーク
ダグラスSSDドーントレス
ロッキード ハドソン
デハビランド チブマンク
スプートニク
ミルMi-6ヘリ
デハビランド タブDH104
デハビラント タブDH86
カーティス ジェニーN-9
フォッカーF-Ⅶb
ブレリオ X1
ブリストル スカウト
ポリカーポフ1-15
シスキン ⅢA
D.H.ドラゴン・ラピード
ダグラス DC-3
フォッカー スパイダー
ポリカーポフ1-16
スピリット オブ セント ルイス
PBY キャタリーナ
コンコルド
ロッキード10E
スピットフィアー
ロッキード ベガ
アント-25
ナットT.1
フォード トライモーター
B-25 ミッチェル
ボーイングEC-135N
アブロ・ランカストリアン
デハビラント ビーバー
ミュー ガル
・スワロー
・ボーイング747
・ビッカーズ バイカウント
・ユンカースJU52/3m
・ブリッテン ノーマン アイランダー
・フォッカー フレンドシップ
・ロッキードF-104
・アブロ504
・ビーチクラフト ツインボナンザ
・ウェストランド ウェセックス
・フォッカーDⅦ
・ゴダードの液体燃料ロケット
・アポロ11号月着陸船
・ラングレー エアロドーム
・BAC111
・スパッドX Ⅲ
・イリーシュンIL-76
・カラベル
・ダグラスDC-6
・シルコスキー イリヤ ムロメッツ
・F4U-1 コルセア
・ビラン T-35
・グロスターⅥ
・ノルゲ
・モンゴルフィエ バルーン
・タイガー モス
・ショート184
・ツポレフTU-154
・ソードフィシュ
・サザンプトン
・タービュレント
・バイキング
・ ブリテン ノーマン トリランダー
・PV1バンチェラ
・シルコスキーS-38
・ショウトエンパイア飛行艇
・ツイン オッター
・カ-チスNC-4
・ロシアン ナイト
・ベル XS-1
・A7-P コルセアⅡ
・DH60G
・ブールトン ポール デファイアント
・ロッキード C-130
・ドルニエ ホエール
・ヴィアNo.1
・アンリファルマンⅢ
・ユンカース W33
・スティソン パイロット ラジオ
・コンMンソリデーテッド カンソ
・アブロ 618 テン





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

世界の歴史的航空機未使用切手コレクション

エアスピード・アンバサダー
AIRSPEED AMBASSADOR


1943年、英国のブラバゾン委員会はヨーロッパ地域内の航空路線向けに新しい短距離ピストン・エンジン旅客機を開発するように勧告しました。
これを受けて1947年デハビランド社のエアスピード部門が送り出したのがA.S.57アンバサダーでした。デビューから日ならずして、アンバサダーはデザインの優美さでも、乗り心地の点でも時代の最高水準をゆく旅客機の名声を得ました。
エアスピード・アンバサダーはなめらかな魚雷型の胴体と単葉高翼式に特徴がありましたが、この設計方式をとった結果、キャビン内の騒音は軽減し乗客のためのスペースは最大限に広げられ、大きな窓からは主翼に邪魔されることなく眺望が楽しめました。
設計チームは単に外形の優美さのみを追求したのではなく、交換可能なエンジンカバーにいたるまで、流れるように滑らかな形をした機体は空気抵抗を最小限に抑え、双発機としては抜群の飛行性能を引き出した。
処女飛行したアンバサダーには出力2600馬力のケンタウルス・エンジンが搭載されていましたが、ブリストル社のプロテウス。ロールスロイス社のダート、ホピア社のエランドをはじめとする他のエンジンを搭載したものも製造され、アンバサダーには出力2600馬力のケンタウルス・エンジンが搭載されていましたが、ブリストル社のエアランドをはじめとする他のエンジンを搭載ものも製造され、アンバダーはこれらエンジン性能テストする実験機としても使用されました。
アンバサダーは総数23機製造され、イギリスをはじめとする各国のエアラインに就航しました。

全長 24.99m 全幅 35.05m 速度 386㎞/h

    AIRSPEED AMBASSADOR

   この切手は1984年にジャージ島で発行されました。

エアスピード アンバサダー     

YOUTUBE