"> 世界の歴史的航空機未使用切手コレクション The Great Historic Aircraft of the World Mint Stamp Collection デハビランド・チプマンク

HAVARD/TEXAN
VICKERS VIMY
モザイスキー単葉機
ブルゲXIX・シュベールTR
ジャガー
WRIGHT FLYER
ドルニエDO X
デハビラント50
リリエンターエル グライダー
アブロ ヨーク
DH66 ハーキュリーズ
ドルニエ DO 18
ブリストル フレイター170
ロッキードロードスター18-08
サントス デュモン 14ビス
グラマン アベンジャー
ウェストランド ビィジョン
ホーカー シドレー HS 748
ソッピーズF.1キャメル
D.H.114ヘロン
コンソリデーテッド コモドアー
シー アリアー
エアスピード アンバサダー
ビーチクラフト スパーキング エア
カーチス P40キティホーク
ダグラスSSDドーントレス
ロッキード ハドソン
・デハビランド チブマンク
スプートニク
ミルMi-6ヘリ
デハビランド タブDH104
デハビラント タブDH86
カーティス ジェニーN-9
フォッカーF-Ⅶb
ブレリオ X1
ブリストル スカウト
ポリカーポフ1-15
シスキン ⅢA
D.H.ドラゴン・ラピード
ダグラス DC-3
フォッカー スパイダー
ポリカーポフ1-16
スピリット オブ セント ルイス
PBY キャタリーナ
コンコルド
ロッキード10E
スピットフィアー
ロッキード ベガ
アント-25
ナットT.1
フォード トライモーター
B-25 ミッチェル
ボーイングEC-135N
アブロ・ランカストリアン
デハビラント ビーバー
ミュー ガル
・スワロー
・ボーイング747
・ビッカーズ バイカウント
・ユンカースJU52/3m
・ブリッテン ノーマン アイランダー
・フォッカー フレンドシップ
・ロッキードF-104
・アブロ504
・ビーチクラフト ツインボナンザ
・ウェストランド ウェセックス
・フォッカーDⅦ
・ゴダードの液体燃料ロケット
・アポロ11号月着陸船
・ラングレー エアロドーム
・BAC111
・スパッドX Ⅲ
・イリーシュンIL-76
・カラベル
・ダグラスDC-6
・シルコスキー イリヤ ムロメッツ
・F4U-1 コルセア
・ビラン T-35
・グロスターⅥ
・ノルゲ
・モンゴルフィエ バルーン
・タイガー モス
・ショート184
・ツポレフTU-154
・ソードフィシュ
・サザンプトン
・タービュレント
・バイキング
・ ブリテン ノーマン トリランダー
・PV1バンチェラ
・シルコスキーS-38
・ショウトエンパイア飛行艇
・ツイン オッター
・カ-チスNC-4
・ロシアン ナイト
・ベル XS-1
・A7-P コルセアⅡ
・DH60G
・ブールトン ポール デファイアント
・ロッキード C-130
・ドルニエ ホエール
・ヴィアNo.1
・アンリファルマンⅢ
・ユンカース W33
・スティソン パイロット ラジオ
・コンMンソリデーテッド カンソ
・アブロ 618 テン





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

世界の歴史的航空機未使用切手コレクション

デハビランド・チプマンク
DE HAVILAND CHIPMUNK

長い間、イギリス空軍の標準型初等訓練機はデハビランド社によって開発、製造されたタイガー・モスであった。
しかし第2次世界大戦末になると、デハビランドの子会社、デハビランド・カナダ社が、イギリス空軍でまだ残っていた複葉機のタイガー・モウスの後継として単葉訓練機を設計しました。
 1946年に初飛行した低翼式のデハビランド・チプマンクはカナダの工場で、開発、製造がおこなわれました。
応力外皮構造のために非常に軽量で、完全装備の標準重量でわずか352キロでした。
全長は7.70m、145馬力ジプシー・メジャー8エンジンを搭載し、最高速度は時速220㎞/hでした。
 1950年2月にイプマンクは公式にイギリス空軍に採用されました。
何千という胃疑義すのパイロットは初心者や大学卒業者からエディンバラ公にいたるまで、チプマンクで最初の飛行訓練を受けました。

全長 7.82m 全幅 10.46m 速度 222.50㎞/h

 

 

    デハビランド・チプマンク

   この切手は1979年にジャージーで発行されました。