"> 世界の歴史的航空機未使用切手コレクション The Great Historic Aircraft of the World Mint Stamp Collection  SEA HAEEIER

HAVARD/TEXAN
VICKERS VIMY
モザイスキー単葉機
ブルゲXIX・シュベールTR
ジャガー
WRIGHT FLYER
ドルニエDO X
デハビラント50
リリエンターエル グライダー
アブロ ヨーク
DH66 ハーキュリーズ
ドルニエ DO 18
ブリストル フレイター170
ロッキードロードスター18-08
サントス デュモン 14ビス
グラマン アベンジャー
ウェストランド ビィジョン
ホーカー シドレー HS 748
ソッピーズF.1キャメル
D.H.114ヘロン
コンソリデーテッド コモドアー
・シー アリアー
エアスピード アンバサダー
ビーチクラフト スパーキング エア
カーチス P40キティホーク
ダグラスSSDドーントレス
ロッキード ハドソン
デハビランド チブマンク
スプートニク
ミルMi-6ヘリ
デハビランド タブDH104
デハビラント タブDH86
カーティス ジェニーN-9
フォッカーF-Ⅶb
ブレリオ X1
ブリストル スカウト
ポリカーポフ1-15
シスキン ⅢA
D.H.ドラゴン・ラピード
ダグラス DC-3
フォッカー スパイダー
ポリカーポフ1-16
スピリット オブ セント ルイス
PBY キャタリーナ
コンコルド
ロッキード10E
スピットフィアー
ロッキード ベガ
アント-25
ナットT.1
フォード トライモーター
B-25 ミッチェル
ボーイングEC-135N
アブロ・ランカストリアン
デハビラント ビーバー
ミュー ガル
・スワロー
・ボーイング747
・ビッカーズ バイカウント
・ユンカースJU52/3m
・ブリッテン ノーマン アイランダー
・フォッカー フレンドシップ
・ロッキードF-104
・アブロ504
・ビーチクラフト ツインボナンザ
・ウェストランド ウェセックス
・フォッカーDⅦ
・ゴダードの液体燃料ロケット
・アポロ11号月着陸船
・ラングレー エアロドーム
・BAC111
・スパッドX Ⅲ
・イリーシュンIL-76
・カラベル
・ダグラスDC-6
・シルコスキー イリヤ ムロメッツ
・F4U-1 コルセア
・ビラン T-35
・グロスターⅥ
・ノルゲ
・モンゴルフィエ バルーン
・タイガー モス
・ショート184
・ツポレフTU-154
・ソードフィシュ
・サザンプトン
・タービュレント
・バイキング
・ ブリテン ノーマン トリランダー
・PV1バンチェラ
・シルコスキーS-38
・ショウトエンパイア飛行艇
・ツイン オッター
・カ-チスNC-4
・ロシアン ナイト
・ベル XS-1
・A7-P コルセアⅡ
・DH60G
・ブールトン ポール デファイアント
・ロッキード C-130
・ドルニエ ホエール
・ヴィアNo.1
・アンリファルマンⅢ
・ユンカース W33
・スティソン パイロット ラジオ
・コンMンソリデーテッド カンソ
・アブロ 618 テン





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

世界の歴史的航空機未使用切手コレクション

シー・ハリアー 
SEA HARRIER

現在、航空界でVTOLという言葉はVertical Take Off and Landing(垂直離着陸機)を意味し、通常はヘリコプターをさします。
実用化されている固定翼のVTOL機がイギリス製のホーカー・シドレー・ハリアーでイギリス空軍とアメリカ海兵隊が実践配備しました。
 当時、ケストレル(向かい風に対して、空中で静止できる鳥、チョウゲンポウ)の名前で呼ばれたハリアーの開発は、1957年ブリストル・エンジン社によって開始されました。
1964年、アメリカ、イギリス、西ドイツ3国のパイロットが実践機のテストに入りましたが、西ドイツが開発プロジェクトから脱退しイギリス1国だけで開発を続行しました。
その結果、ハリアーは1966年に初飛行した。
マッハ1.3の速度の出るハリアーは1969年にロンドン近郊で離陸し、6時間足らずでニューヨークへ飛行している。
1969年から79年の10年間に約250機が製造されています。
シー・ハリアーは1978年に開発されイギリス海軍が海上作戦用に発注した。

全長 14.5m 全幅 7.7m 速度1183㎞/h

 

    

   この切手は1983年にフォークランド諸島で発行されました。

ホーカーシドレー ハリアー

YOUTUBE