"> WRIGHT FLYER スピットファイアー 世界の歴史的航空機未使用切手コレクション The Great Historic Aircraft of the World Mint Stamp Collection

HAVARD/TEXAN
VICKERS VIMY
モザイスキー単葉機
ブルゲXIX・シュベールTR
ジャガー
WRIGHT FLYER
ドルニエDO X
デハビラント50
リリエンターエル グライダー
アブロ ヨーク
DH66 ハーキュリーズ
ドルニエ DO 18
ブリストル フレイター170
ロッキードロードスター18-08
サントス デュモン 14ビス
グラマン アベンジャー
ウェストランド ビィジョン
ホーカー シドレー HS 748
ソッピーズF.1キャメル
D.H.114ヘロン
コンソリデーテッド コモドアー
シー アリアー
エアスピード アンバサダー
ビーチクラフト スパーキング エア
カーチス P40キティホーク
ダグラスSSDドーントレス
ロッキード ハドソン
デハビランド チブマンク
スプートニク
ミルMi-6ヘリ
デハビランド タブDH104
デハビラント タブDH86
カーティス ジェニーN-9
フォッカーF-Ⅶb
ブレリオ X1
ブリストル スカウト
ポリカーポフ1-15
シスキン ⅢA
D.H.ドラゴン・ラピード
ダグラス DC-3
フォッカー スパイダー
ポリカーポフ1-16
スピリット オブ セント ルイス
PBY キャタリーナ
コンコルド
ロッキード10E
・スピットフィアー
ロッキード ベガ
アント-25
ナットT.1
フォード トライモーター
B-25 ミッチェル
ボーイングEC-135N
アブロ・ランカストリアン
デハビラント ビーバー
ミュー ガル
・スワロー
・ボーイング747
・ビッカーズ バイカウント
・ユンカースJU52/3m
・ブリッテン ノーマン アイランダー
・フォッカー フレンドシップ
・ロッキードF-104
・アブロ504
・ビーチクラフト ツインボナンザ
・ウェストランド ウェセックス
・フォッカーDⅦ
・ゴダードの液体燃料ロケット
・アポロ11号月着陸船
・ラングレー エアロドーム
・BAC111
・スパッドX Ⅲ
・イリーシュンIL-76
・カラベル
・ダグラスDC-6
・シルコスキー イリヤ ムロメッツ
・F4U-1 コルセア
・ビラン T-35
・グロスターⅥ
・ノルゲ
・モンゴルフィエ バルーン
・タイガー モス
・ショート184
・ツポレフTU-154
・ソードフィシュ
・サザンプトン
・タービュレント
・バイキング
・ ブリテン ノーマン トリランダー
・PV1バンチェラ
・シルコスキーS-38
・ショウトエンパイア飛行艇
・ツイン オッター
・カ-チスNC-4
・ロシアン ナイト
・ベル XS-1
・A7-P コルセアⅡ
・DH60G
・ブールトン ポール デファイアント
・ロッキード C-130
・ドルニエ ホエール
・ヴィアNo.1
・アンリファルマンⅢ
・ユンカース W33
・スティソン パイロット ラジオ
・コンMンソリデーテッド カンソ
・アブロ 618 テン





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

世界の歴史的航空機未使用切手コレクション

スピットファイアー
SPITDIRE

第2次世界大戦勃発当時、イギリスでは使用可能な戦闘機としてはスピットファィアーⅠを9個大隊しか保有していませんでした。
この戦闘機は、好成績を収めた競走用水上飛行機スーパーマリーンをもとにして開発された機体で、その設計社R.J.ミッチェルが軍用機に改造したものでした。
スピットファイアーは設計に大幅な改良を重ね、1936年には8門の機関銃を装備して量産が開始されました。
  均整のとれた機体を持つスピットファイアーはロールス・ロイス・マリーンエンジンを搭載し、全長9m、全幅11mに及びました。
高度8500メートルで時速590㎞の最大速度を出すことができ、航続距離は640㎞で爆弾250kgを搭載可能でした。
スピットファイアーと改造型のシーファイアーは第2次大戦中のイギリス空軍の頼みの綱でした。

全長 8.97m 全幅 11.05m 速度 590㎞/h

       スピットファイアー     

   この切手はジャージー島で発行されました。