"> 世界の歴史的航空機未使用切手コレクション The Great Historic Aircraft of the World Mint Stamp Collection SUPUTNIK スプートニク

HAVARD/TEXAN
VICKERS VIMY
モザイスキー単葉機
ブルゲXIX・シュベールTR
ジャガー
WRIGHT FLYER
ドルニエDO X
デハビラント50
リリエンターエル グライダー
アブロ ヨーク
DH66 ハーキュリーズ
ドルニエ DO 18
ブリストル フレイター170
ロッキードロードスター18-08
サントス デュモン 14ビス
グラマン アベンジャー
ウェストランド ビィジョン
ホーカー シドレー HS 748
ソッピーズF.1キャメル
D.H.114ヘロン
コンソリデーテッド コモドアー
シー アリアー
エアスピード アンバサダー
ビーチクラフト スパーキング エア
カーチス P40キティホーク
ダグラスSSDドーントレス
ロッキード ハドソン
デハビランド チブマンク
・スプートニク
ミルMi-6ヘリ
デハビランド タブDH104
デハビラント タブDH86
カーティス ジェニーN-9
フォッカーF-Ⅶb
ブレリオ X1
ブリストル スカウト
ポリカーポフ1-15
シスキン ⅢA
D.H.ドラゴン・ラピード
ダグラス DC-3
フォッカー スパイダー
ポリカーポフ1-16
スピリット オブ セント ルイス
PBY キャタリーナ
コンコルド
ロッキード10E
スピットフィアー
ロッキード ベガ
アント-25
ナットT.1
フォード トライモーター
B-25 ミッチェル
ボーイングEC-135N
アブロ・ランカストリアン
デハビラント ビーバー
ミュー ガル
・スワロー
・ボーイング747
・ビッカーズ バイカウント
・ユンカースJU52/3m
・ブリッテン ノーマン アイランダー
・フォッカー フレンドシップ
・ロッキードF-104
・アブロ504
・ビーチクラフト ツインボナンザ
・ウェストランド ウェセックス
・フォッカーDⅦ
・ゴダードの液体燃料ロケット
・アポロ11号月着陸船
・ラングレー エアロドーム
・BAC111
・スパッドX Ⅲ
・イリーシュンIL-76
・カラベル
・ダグラスDC-6
・シルコスキー イリヤ ムロメッツ
・F4U-1 コルセア
・ビラン T-35
・グロスターⅥ
・ノルゲ
・モンゴルフィエ バルーン
・タイガー モス
・ショート184
・ツポレフTU-154
・ソードフィシュ
・サザンプトン
・タービュレント
・バイキング
・ ブリテン ノーマン トリランダー
・PV1バンチェラ
・シルコスキーS-38
・ショウトエンパイア飛行艇
・ツイン オッター
・カ-チスNC-4
・ロシアン ナイト
・ベル XS-1
・A7-P コルセアⅡ
・DH60G
・ブールトン ポール デファイアント
・ロッキード C-130
・ドルニエ ホエール
・ヴィアNo.1
・アンリファルマンⅢ
・ユンカース W33
・スティソン パイロット ラジオ
・コンMンソリデーテッド カンソ
・アブロ 618 テン





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

世界の歴史的航空機未使用切手コレクション

スプートニク
SUPUTNIK

1957年10月4日、ソ連は世界で初めての人工衛星スプートニク1号を打ち上げましたが、これは世界、とりわけアメリカに衝撃的な出来事でした。
アメリカが自国の人工衛星エクスプローラ1号を軌道に乗せたのは、それから4カ月後のことです。一方ソ連はスプートニク1号の成功から1カ月を経ずして、スプートニク2号にライカ犬を乗せて宇宙に送り出しました。
 スプートニク1号は長っけい58センチのアルミニューム製の球体で、510トンの推力を持つ30メートルのロケットにより軌道に打ち上げられました。密度や温度の測定機器類をとうさいした重量8305kgの衛星軌道は、地球上空225キロから936キロの軌道を飛行しました。
電離層における電子の密度に関するデーターも記録され、得られた情報は地上基地に絶え間なく送信されました。そして最後にスプトニク1号は、予定通りに1958年1月4日に大気圏に再突入して燃え尽きましたが、ソ連に宇宙開発の大成功ををもたらしました。
後にアメリカは、一連のエクスプローラー衛星の成功とバンガード衛星計画により面目を取り戻しました。
この2つをはじめとする様様な宇宙計画によって、アメリカの月面着陸への道が開かれたのでした。

重量 83.5Kg 最高高度 936km

    SUPUTNIK

   この切手は197年にソ連で発行されました。